P&G

Downy Island

いつもの洗濯を、ラグジュアリーなリゾートスパ体験に

  1. CHALLENGE

    Downyは2009年の香りつき柔軟剤ブームの火付け役でしたが、競合に勝る次のブレークスルーが欠けていたことから、Downy InfusionのリニューアルをきっかけにDownyを再び流行りのブランドに生まれ変わらせる必要がありました。

    パッケージを一新し、また生活者に新しく、贅沢な香りをまとう経験を提供するにあたり、各媒体でこの新しいブランド体験を表現することが課題でした。

  2. WORK

    ターゲットは、プレミアム製品の価値を認識し、自分にご褒美を上げることを重要だと感じるアーリーアダプターの日本の女性でした。ターゲットの女性たちは「毎日当たり前にこなしている洗濯を、特別なものにしたい、せっかく自分の時間を使うなら、洗濯も気分を上げ、同時にリラックスもできるような時間にしたい」というニーズを持っているというインサイトを導き出し、Executionのベースとしました。

    ウェブサイトでは、パララックス技術を用い、Downy Infusionの重厚な香りを演出し、また南国のリゾートにいるかのようなリラクゼーションを与えられる世界観を表現。ウェブサイトを通じブランドの認知やキャンペーンの参加を促進し、リテールへの誘導につなげました。

  3. RESULTS

    • 82%のDowny未使用者が「使ってみたい」と回答。
    • 81%のウェブサイト訪問者が、ウェブサイトを他の人に勧めたいと回答。
    • キャンペーン期間3週間で23%のコンバージョン、約43,000 PVを達成。

SEE MORE CASE STUDIES

©2017 Wunderman International, a member of Young & Rubicam Group and WPP. All Rights Reserved.